五六歳の人妻をセフレにして連続中出しアクメセックスを楽しんだ

56歳の寂しい人妻を人生最高にイカせてみたくなった

静岡県浜松市 36歳 会社員 男性 S.M

五六歳の人妻をセフレにして連続中出しアクメセックスを楽しんだ

自分で言うのもなんですけど、僕は出会い系サイトが好きで暇があれば何は無くともサイトを覗いてしまうんです。

 

特に熟女がたまらなく好きで。優しくて話しやすい所が若い人とは違ってリラックス出来るんです

 

絶対に笑顔で話してくれるんですよ、今まで会った中でそうでなかった人はいません。

 

たまたま会社も早くに終わって時間もあったので、いつも使っている出会いサイトを見ていました。

 

実は僕の地域は業者や中国人が多く、あんまり日本人の素敵な女性に中々出会えないんです。

 

なので、その日もあんまり期待はせずとも見ていたんですけど、なんかプロフや掲示板を見て雰囲気が違う女性を見つけました。56歳でしたね。

 

メールの感じではすごく素っ気なくて、最初は怒ってるのかなと思って聞いてしまいました。

 

でも何回かやり取りしている内にそういう事を気にしていたみたいで、徐々に優しい人だって事が分かりました。

 

なんだかんだで結局会う流れに。ちょっと気まずい感じもありながら、待ち合わせ場所に向かいます。

 

コンビニの駐車場にお互いの車を置いて会う約束をしました。

 

会ってもらえればもう夜だったので、すぐにホテルに行くことは同意済みでした。

 

その間も何回かメールをくれて、不安にさせないように連絡をしてくれて、いい子かななんて思っていたら、お待ちかねの女性が車で現れました。

 

「こんばんは!」いつもは騙される事が多い僕は、車のエンジンとドアロックをする癖が付いていましたが、思わず見とれてしまいました。

 

「すごくかわいいね!」口をついて言ってました。

 

何言ってんだろって思いつつ、彼女とホテルをどこにするか相談して、すぐに直行!

 

何の苦労もなく生きてきた女だった

改めて明るいところで見ると、ホントにスレンダーで綺麗な人でした。話して分かりましたが、多分生活に苦労とかはしてなくて、ただ寂しいんだろうなっていうのがわかって、元気になってくれたらいいなと思いました。

 

そういう女性こそ、こういうサイトで出会うべき人って思います。だって若い内はいくらでも恋が出来るし。彼氏に甘えさせてもらったらいいんだから。

 

刺激不足で出会い系に登場したらしい

やはり、刺激が足りなくて出会い系サイトに興味を持ったのでしょう。その後の彼女の行動を見るとそう思います。

 

さて、ホテルに入って少し談笑しながら、お風呂に湯を張る彼女。寒い時期だったので、早く入りたかったようです。

 

いざお風呂に入ろうとすると、こういう時ってちょっとだけ恥ずかしいですよね。お互いを気にしつつ服を脱ぎました。

 

お風呂で裸を眺めてると恥ずかしがる彼女

 

緊張のせいか、大人しくしてるのがまた…お風呂でビンビンなったあそこを彼女の背中に押し当てて「そろそろ出ようか?」すくっとだまって立って体を拭きます。

 

素直な反応がいいですよね。ベッドで横になると彼女が僕に重なってキスをしました。

 

キスが嫌って人もいる中で、大胆な女性だなと思いつつも彼女の体を刺激していきます。キスを終えたら上下を返してお返しします。

 

一段と柔らかい肌は熟女ならでは。包み込まれるような感覚が好きだなって改めて思いました。

 

ここで?と思ったんですが、声を出さないんです。で、反応を確認する為にあそこをペロペロ。

 

しっかりと濡れてて、嫌がりもしないのでドンドン激しくしちゃって。息が荒くなって僕も行為がエスカレート。

 

固くなっているクリを舌で転がし続けます。彼女はその内、挿れたくなったみたいで。跨って腰を動かします。

 

何度も絶頂セックスできたらどう思う?と目標を提案したらOK

その日は溜まっていたので、そこで逝ってしまいました。終わった後の話でわかったのですが、今まで刺激不足であまり大胆になれた事がないそうで、それは男としてなんとかしてあげたいと思い立ちました。

 

女性としての悦びを味わってみたくないか、と話しました。恥ずかしいがりながらも頷く彼女。

 

そして連絡先を交換して、定期で会う事を提案、向こうも快諾してくれて一安心。これからも会えると思うとワクワクしました。

 

イキ狂うために会ってセックスの練習をする日々

五六歳の人妻をセフレにして連続中出しアクメセックスを楽しんだ

さてさて何度目かのご対面。顔も性格もいい彼女に僕の期待はふくらみます。あれから3ヵ月です。

 

談笑しながらお風呂に湯を張り、いよいよ裸体があらわになると、僕の愚息は暴発寸前になっていました。

 

下着姿がかわいいのなんの!思わず言っちゃいましたよ!

 

「凄くかわいい下着だね!」そんな事を聞いて変態おじさんですよね。でも言わずにはいられなかったです。

 

下着なんてかわいいのを付けていてもどうせすぐ脱がすでしょ、なんて言う人がいるかもしれないのですが、じっくり見ると気持ちが入りますよ

 

だって見られる事を意識して付けて来てくれたものだから。お風呂でもう触らずにはいられなかった僕は、彼女の体を愛撫していました。

 

目を瞑る彼女。そのままベッドで愛撫を続けます。

 

そのうち彼女の方から「そろそろ入れたい…」なんて言ってきて、すぐに僕に跨るじゃないですか!

 

スレンダーな身体が僕の体の上で揺れます。顔は歪めながら声を出さない騎乗位に、息子の硬さは上がっていきます。

 

我慢出来ず、思わず発射してしまいました!そのあとも優しく処理してくれる彼女。

 

笑顔が年齢を感じさせず、可愛くてしょうがないです。

 

ポルチオでイケるようになるまで3カ月かかった

その日はリラックスしてくれたのか彼女が二回戦を要求してきて。僕は期待に応えて次の日の疲れも考えずに夢中で腰を振りました。

 

気づいたら彼女はバックでイキッぱなしでした。
「あん…っ」とかわいい感じで始まったかと思えば、だんだんと体をよじらせて声が大きくなっていきます。

 

「あっ…!んっ!…っ!!」バックで自然とポルチオを刺激しちゃったかもしれませんね。凄く乱れてもうこっちも大興奮です。

 

後ろから彼女に射精して、その日は終わりました。

 

Gスポットと潮吹きを経験させるまで半年かかった

そこからが僕は凄く男としても自信が持てる所なんですが、彼女がGスポットや潮吹きをするようになったんです。半年たったぐらいでしたかね。

 

もう彼女も嬉しいみたいで、ふやけ顔で満足してる姿が熟女に目がない僕には可愛くて!

 

求めてくる姿が愛らしくて、ついつい頑張っちゃうんです。僕自身にしてくれる行為もどんどん上手になってくから大変でした。

 

最初は緊張して、舌使いもぎこちなかった熟女がどこで何を思ったか、とろけるようにゆっくりと僕のそそり勃った所を刺激してきます。

 

それもただ棒だけじゃなくて、フェザータッチで周りを触るから、ゾクゾクしちゃってもうカチカチにしてしまいます。

 

「チュッ…グチョ…チュバ」音がやらしいです。前は舌でチロチロするだけだったのが、今ではお口全体で根元まで入れて。

 

もう何されても気持ちいい彼女は、セックスから離れられないみたいで、ねだるように喘ぎます。

 

ホントにノーマルの上品な感じからのギャップが凄くて、女性の神秘を感じますよね。

 

今は中出ししながら連続ポルチオ絶頂で気絶するように

もう僕もその頃には彼女無しではいられない生活になっていました。もう中出しはするはポルチオでイカセまくりで、お互いに快楽に堕ちていました。

 

僕の肉棒を甘い顔で求めてきては、口ではチュパチュパと大きくし、手でアナルをさわさわしてきて、その時にはもう彼女の蜜壺はトロトロです。

 

熟女の潮吹きなんて…って思うかもしれないですけど、凄く嬉しいみたいで、欲しがるんです。外イキと潮吹きでいつもベッドはビショビショでした。

 

でもそれがいいみたいです。挿入が始まるとイキっぱなしで、どんどん締まるので何度も中出しして。

 

彼女の股からピストンの度にドップンドップン音がします。僕のザーメンが詰まってるので、突く度に溢れます。

 

僕もこんなに興奮するのは初めてでした。でも、そんな事はお構い無しで喘ぎ回る彼女。

 

終わった後はピロートークなんて出来なくて、いつも彼女の体を優しく触るだけ。

 

そんな彼女とも…やはりこういう関係は期間限定ですね。

 

今は連絡を取る事なく、お互いの生活を大事にしてます

 

【ご近所メール便】


男の精気を吸い取る女に出会える
↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ