体の相性さえ良かったらピルを飲ませて生中出しするまで調教できる

体の相性さえ良かったらピルを飲ませて生中出しするまで調教できる

東京都品川区 33歳 会社員 男性 S.N

体の相性さえ良かったらピルを飲ませて生中出しするまで調教できる

女性はセックスが間違いなく好きで、男性よりも性欲が強いとも言われています。

 

男性と比べても気持ち良さの違いは歴然で、恋をしたらずっと一緒にくっついていたいと思うらしく、そのエネルギーもやはり男性には真似が出来ないレベルなのかもしれません。

 

出会い系サイトには、もっと刺激的なセックスを求めて、多くの既婚女性が登録しています。

 

やっぱり女性は、性に対して貪欲なのでしょう…。

 

体の相性の良いセフレが実は人妻だった

半年ぐらい前に、出会い系サイトで知り合った既婚女性もまさにそんな感じの女性で、まだまだ恋愛とセックスに関心の強い女性でした。

 

知り合ったのは、サイト内の私のプロフィールを見て彼女がメールをくれたのがきっかけでした。

 

「はじめまして。素敵そうなプロフィールなので気になりました!」
「おしゃれなどは好きですか?良かったらメールからでもどう?」
「嬉しいです。ぜひとも仲良くしてください〜」

 

彼女は38歳の女性で、出会い系サイトで秘密の相手を探しているようでした。

 

アラフォーになっても、まだまだ女性として大切にされたいと思い、出会い系サイトを利用している女性はかなり多いようです。

 

出会い系サイトでは、女性は男性からのメールやアプローチにはとても慎重ですが、自分が見つけた相手にはとてもフレンドリーです(笑)

 

最初のメールから3日後にはラインでのやり取りを始めました。

 

「どんな感じなのか知りたくなっちゃいました〜。写メ交換とか出来ますか?」

常に彼女が積極的にリードしてくれて、ラインや写メ交換などがスムーズに進んでいきました。

 

送られてきた彼女の写メは、美人とうわけではないのですが、ちょっと男好きするタイプで、セフレにするにはちょうど良さげでした。

 

「今までに出会い系サイトで、素敵な出会いってあったの?」
「秘密(笑)でもみんな素敵な男性だったわ〜」

 

どうやらかなり遊んでいる感じで、恋好きなタイプの女性っぽいです。

 

毎日深夜まで彼女とラインをしていて、すっかり仲良くなって直ぐに一緒に飲みに行って、盛り上がってその日のうちにホテルへ行きました。

 

彼女は実際に会ってみると、少し落ち着いた感じの大人しそうな女性でしたが、身体は大人の成熟した色気を纏っていて、バストもDカップでした。

 

そして、見かけによらず男性経験が豊富なようで、ベッドでバストを舐めるとすぐに
「アッ、気持ちイイ〜」と反応してくれて、それからは何度も男性自身をくわえて、濃厚なフェラを味あわせてくれました。

 

その日は休みなしで、気がつくと3時間もセックスをしまくっていて、終わると2人で「すごく良かったね!」と笑い合っていました。

 

そして駅で別れる時に、「実はね…私は人妻なの〜」どうりでセックスがうまいと思ったら、やはり経験が豊富だったのです。

 

セックスしまくりで狂わせまくった

彼女との身体の相性は抜群で、楽しみ方も知っていたので、彼女とのセックスはとても充実していて、強い快感で満たされるようなものでした。

 

彼女はいつでも更に高い快感を求めていて、ベッドでは毎回狂いまくって私を楽しませてくれました。

 

女性は本当に見かけによらず、彼女は普段は大人しそうな女性だったのでうが、ベッドでは別人のように変身して、尽きることなく求めてきます。

 

そんな彼女とはいつも終わると2人ともクタクタになっていて、彼女とのデートが終わった夜は爆睡状態でした。

 

中出ししたがったのでピルを飲むよう強制

そのうち彼女の方から毎回中出しセックスをおねだりされるようになって、不安なのでピルを飲むように説得すると、すんなりと受け入れてくれました。

 

女性にとって、生の中出しセックスは快感が倍増すると言われていますが、ベッドでの乱れ方は、それ以降は半端ではありませんでした。

 

素直にピルを飲んでくれたので遠慮なく生中セックス

私の方も素直にピルを飲んでくれているので、遠慮なく本能のまま彼女とのセックスを楽しむことができました。

 

女性と生の中出しセックスが出来るのは、男性にとっては至福の境地で、まさに夢のようなひと時が過ごせることになって、いつもイケナイ幸福感がいっぱいでした。

 

セックスに関してはなんでも言うことを聞くように

体の相性さえ良かったらピルを飲ませて生中出しするまで調教できる

アラフォーあたりになると、女性の場合はどんどん性欲が強くなると聞きますが、まさに彼女はそのような感じで、快楽のためにはなんでも言うことを聞いてくれました。

 

女性の快感を追求する姿勢の凄まじさを、いつも感じさせられていました。

 

性欲発散だけの男でも抱きまくれる

アラフォーあたりで、セックスの魅力を知った女性は、まさにその虜になってしまうようで、こうなると性欲発散だけの男性に、もっと抱かれたいと思うほどです。

 

快楽を求めてアナルや様々な対位でやる事をお願いされ、完全に彼女が主導のセックスになっていました。

 

バレそうになって1年間会わない時期があった

そのうち私にも精神的に癒してくれる恋人が出来て、彼女の激しく求められるセックスに少しづつ苦痛を感じるようになっていました。

 

なんとなくそんな気配を彼女は感じていたらしく、私からの誘いが少しづつ減ってきても不平も言わず、気がつくと一年ぐらい会わずにいました

 

恋人との普通のセックスは、しばらくはとても新鮮で、受身的ながら幸福感をたくさん与えてくれる恋人に夢中になっていました。

 

そのはずが…頭の中ではいつも前の彼女との激しいセックスが忘れられず、少しづつ彼女の濃厚なフェラや、中出しセックスが恋しくなっていったのです。

 

一度でも激しく女性を抱いた経験は、私にとっては忘れがたい快楽で、しばらくしなくてもまたすぐにしたくなってきます。

 

そんな事を考えていた頃に、一年ぶりに彼女からメールが来たのです。

 

再び誘われて会ってみたら乱れ方は同じだった

「お元気ですか?あれから私も新しい恋人を見つけましたが、あなたとの楽しい時間が忘れらないの〜」
「自分も同じ事を考えてたよ!良かったら久し振りに会ってくれない?」

一年ぶりに会った彼女は、以前よりも更に大人の色気が増した感じで、女盛り真っ只中でした。

 

会って食事をしながらも、常に彼女の魅力的なバストや柔らかなお尻の事ばかり考えていて、身体が完全に彼女を求めていました。

 

「よかったら、久し振りに愛し合わない?」
「エッ??またあの頃の自分に戻ってしまいそう…。でもそれも良いかもね〜」
「しばらくは会わなかったけど、あの時のエッチを忘れた事はなかったんだ」
「実はね、私もそうだったの〜」

 

そしてそのまま一緒にホテルへ行きました。

 

部屋に入り彼女を抱きしめてキスをしますと、その瞬間に昔の彼女の感触や香りが蘇ってきて驚きました。

 

一年ぶりの彼女の身体はやはり魅力いっぱいですが、どこか懐かしく癒してくれるものでした。

 

「最近はピルは飲んでないから…中出しはダメ〜」

 

ベッドに入って首筋や乳首を舐めた時に発する、「アッ、アアッ、アアッ〜」

 

と悩ましい喘ぎ声がいつも彼女とのセックスのスタートの合図で、今回もやっぱり同じように喘ぎ声をあげだしました。

 

強く吸い上げるような彼女のフェラもそのままで、以前よりも滑らかな感じがしましたがとても甘美なものでした。

 

相変わらず私の上に乗っかって自分で激しく腰を動かす事も好きらしく、しばらく腰を動かしながら彼女は一気に昇りつめていきました。

 

いつも最後にしていた、お尻を抱え込みながらバックで突き上げをしますと、部屋に響き渡るような大きな叫び声をあげて、激しく痙攣をして昇天していきました。

 

息づかいや喘ぎ声と体の反応は一年前と何も変わっていなくて、お互いの身体を知り尽くしている者どおしのエッチは刺激的で、心も身体も充実感で満たしてくれるものでした。

 

中出しはしませんでしたが…

 

その後ふたたび彼女は、自分からピルを飲みはじめてくれて、以前のような中出しセックスを楽しんでいます。

 

しばらく会わなくても、愛おしさや快感を求めて離れることが出来ない彼女は、まさに最高の性のパートナーです。

 

【ご近所style】


1km圏内で濡れ濡れ女を見つける
↓↓↓↓↓↓

 

TOPへ